ブログBLOG

健康寿命を延ばすために必要なこと

2019.05.30

こんばんわ!

温活サロンKaju(かじゅ)の丸山です。

 

最近よく聞く「健康寿命」

寝たきりにならずに過ごせる状態のことです。

 

健康寿命を延ばすために必要なこととして

「温活」と「食事」などが挙げられます。

 

今日は「温活」について。

 

以前のブログでも書きましたが

 

「冷えは万病のもと」

 

成人女性の半数以上は「冷え症」に悩んでいると言われています。

寒そうな女性

冷えは便秘や肩こり、不眠などのさまざまな不調の原因となるだけでなく、免疫力を低下させる大きな原因の1つであると考えられています。

ウイルスなどの外敵と戦う免疫細胞は白血球なので、血液が行き渡らないところでは免疫細胞も不足してしまいます。
そのため、体温が1℃下がると免疫力が30%以上も低下、代謝が約12%低下するといわれています。 

『ガン細胞は35度台を好む』などと言われているように体温が下がると免疫力は下がりガン細胞が活発化すると言われています。

出典「一般社団法人宮崎県薬剤師会HP」

だからこそ

「温活」

とくに身体を芯から温める健康法が大切なんです。

 

☆早寝早起きなど生活習慣を見直す
☆ストレッチや運動をして筋肉をつける
☆身体を温める食事をする

☆半身浴やぬるめのお風呂にゆったりつかる

☆酵素風呂や岩盤浴、漢方蒸しなど身体を芯から温める健康法をためす。

 

など色々な対応策があります。

 

当店の酵素風呂は前後のシャワーやお着替えの時間を含め40分くらいです。

オーガニック漢方蒸しもお着替え含め1時間弱。

それでも皆さま

「汗が引かない」

「いつまでもポカポカ」

「身体が軽くなった」

と喜んでいただいてます(^-^)

特に「こんな短い時間でここまで効果を体感できるのがありがたい」とお忙しい方ほど実感していただいてます(⌒▽⌒)

 

 

「今元気だから」

とか

「仕事が忙しいから」

とか

 

ついつい自分のことは後回しにしていませんか?

 

その結果、うちの母はパーキンソン病になりました。

 

「あのときケアしていれば…」と今でも言います。

 

自分が病気になれば家族や周りに負担が行きます。

そして何より自分らしく生きることができなくなります。

 

病になってから病院やクスリにお金や時間を使うより

 

今、元気なときに、身体が動くときに

自分の体のメンテナンスにお金と時間を使って欲しいと切に思います。

 

義母を看取り、現在も病気で苦しんでいる母を見ているからこそそう思うのです。

 

健康寿命を伸ばし、自分らしく楽しい人生を送りきるためにも自分メンテはじめませんか?

カテゴリー:美容・エステ

CALENDAR
2020年11月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PROFILE

温恵おんけい
温活プロデューサー

丸山 俊子

実母や義母の病気をきっかけに「温めることの大切さ」を実感。効果の高いものを探し求め現在の「漢方蒸し」や「こめぬか酵素」にたどり着く。マッサージも「お客様の体に合うものを」と様々な技術を取得。福岡県出身。催眠療法士やメンタルケアセラピストの一面も持つ。

RESERVEご予約

tel.0977-85-7616

営業時間 / 10:00 - 20:00

ご予約RESERVE